U.S.S. Barcelona Log
bcny46.exblog.jp

Barcelona生活の日記とかMBAを目指す奮闘記、英語学習帳の別館でもあります
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Links
カテゴリ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ほっこりとした愛国心
from チロ・デ・チロリンタン
やっぱり「愛国心」は不要..
from 新・非公正ブログ
★★★★「コーチング」落..
from 本のソムリエ提供「一日一冊:..
パリーグ開幕
from 田中幸雄
マリリン・マンソン VS..
from 仙台インターネットマガジン ..
ESADE in RAN..
from ESADE BARCELONA
ローマ〜その6〜
from 目指せ!総合旅行ブログ
タコス
from おうちで世界料理
立浪並んだ449二塁打!..
from Stadio Toshinao
井端うれしいサヨナラ打、..
from Stadio Toshinao
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
故郷への長い道のり(日記風)
乗り継ぎのためにミュンヘン空港に着いて、ゲートを出た瞬間に警官に止められ、パスポートの提示を要求され、根掘り葉掘り聞かれる。スペインで働いていると言うと、今度は居住許可証の提示を求められる。運が悪いことに居住許可証の期限が切れていたので、ブチブチ文句を言われる。いや、更新手続きはしたんだけど、移民局から新しいカードが送られていないだけなんだけどな。警官はどこかに電話をしだすし、同僚も現れて、ややこしいことになりそうだったので、逆切れ作戦に出ることにした。「何が問題なんっすか?」「スペインの移民局が悪いんだよ!」「ドイツには関係ないだろ!」と喚いてみたら、成功。二人の警官に厭味を言われて開放される。

さて、ミュンヘンでの乗り継ぎ。乗り継ぎ便のゲート前に着いたのは、11時前。飛行機は15時40分である。冗談みたいな時間がある。こんなことなら、さっきの警官にもっと拘束されても全然平気だった。しょうがないのでひたすら読書。私は本を読むのと昼寝するのはセットな性質なので、空港ロビーでの長時間読書は辛い。何度も落ちそうになるが、寝るわけに行かず、かといって他にすることがないので、読書を続けざるを得ない。拷問か。

12時半になって、レストランで昼食。ドイツビールとマスのフライを頼む。ドイツでは普通にビールを頼むと冗談のような大きなジョッキで出てくる。とても片手では持てない重さである。ただ、ここで腕がプルプル震えるようでは男が廃る。気合を入れてぐいっと飲んだ。鍛えていて良かったと思う瞬間である。毎日こんなものを飲んでいるドイツ人がごついのは頷ける。

食後はさらに眠気に襲われたが、何とか耐え難きを耐え忍び難きを忍び、搭乗時間を迎えた。やれやれ、やっと前に進める。席は最悪なことに壁際の一番後ろ。リクライニング不可能だ。激しく鬱になる。機内誌を読んで、上映映画を確認すると、シュレック2他よく判らん映画が3本。さらに鬱になる。日経新聞を読み、本の続きを読み、時間を潰す。何度も寝ようと試みるが、首に痛みを感じて目が覚める。拷問か。ところでシュレック2は意外に面白かった。唯一の救いである。

飛行機は定刻より若干早めに成田に着く。これだからドイツの会社は好きである。日本は随分暖かかった。今年は暖冬なそうな。まあ毎年温暖化が進展しているのかもしれない。コンビニで日経とトーチュウを買い、成田エキスプレス車中で読む。マイクロソフトが配当を実施する時代になったらしい。非常に感慨深いことである。あと、UFJは逮捕者が出ておぞましいことになっている。トーチュウは内容が薄いので10分で終わる。スポーツ誌は見出しにそそのかされてついつい買ってしまうが、読んでからいつも後悔する。資源の無駄、お金の無駄、無駄この上なし。

さて、新幹線。金曜日なので結構混んでいた。ひたすら読書し、眠くなったら読みかけのページに指をかけて寝る。最も幸せな読書の形である。日本は電車の中で眠れるから好きだ。スペインでは絶対できないことの一つである。名古屋到着が15時15分。おかんに電話して、到着を告げる。ここから約1時間、名鉄の旅である。重い荷物を持って乗り換えし、混雑する私鉄に乗るのは激しく萎える。

ようやく着いた可児は予想より暖かかった。暖冬の影響か。

既にこの土地を後にして10年も経った。街はそんなに変わっていないはずだが、なんだかよそよそしさを感じた。
[PR]
by y-46 | 2004-12-04 19:37 | 旅行