U.S.S. Barcelona Log
bcny46.exblog.jp

Barcelona生活の日記とかMBAを目指す奮闘記、英語学習帳の別館でもあります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Links
カテゴリ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ほっこりとした愛国心
from チロ・デ・チロリンタン
やっぱり「愛国心」は不要..
from 新・非公正ブログ
★★★★「コーチング」落..
from 本のソムリエ提供「一日一冊:..
パリーグ開幕
from 田中幸雄
マリリン・マンソン VS..
from 仙台インターネットマガジン ..
ESADE in RAN..
from ESADE BARCELONA
ローマ〜その6〜
from 目指せ!総合旅行ブログ
タコス
from おうちで世界料理
立浪並んだ449二塁打!..
from Stadio Toshinao
井端うれしいサヨナラ打、..
from Stadio Toshinao
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ZARAとMassimo Duttiが同じ会社って知ってました?
初めて知りました。

ヨーロッパにお住まいでないとMassimo Duttiは判りにくいと思いますが、ZARAもMassimo Duttiもバルセロナでは半径100m以内に5店舗くらいあるような乱立振りで、日本で言うとマクドナルドやスターバックス並みに目に付きます。この二つの店が同じ会社であれば、スペインのアパレルショップの半分は占めるんじゃないかという印象です。

ちなみに、Massimo DuttiはZARAより若干ターゲット年齢が高めで、両者の関係はJJとCLASSY.のそれだと言えば判りやすいかもしれません。

さて、なんやかやでいろいろ調べていたら、こんな記事を見つけました。インドのアパレル専門家が書いた記事ですが、ZARAの強さの秘密について、素人にも判りやすく書かれています。

英語の得意な人はこちらからどうぞ。
ZARA CASE STUDY (Part I)
ZARA CASE STUDY (Part II) - Lessons to Apply
#Part1だけ読めば充分ZARA通になれます。インド人の方はPart2も読んでください。

#英語を読むのがめんどくさい方は、下記に要点をまとめたのでご覧ください。
ZARAの成功の法則は下記の3つだそうです。
-Short Lead Time
-Lower Quantities
-More Styles
短い期間で新作をリリースすることによって流行に追随し、出荷量を少なくして在庫を減らします。売れ筋を大量に並べるのではなく、とにかくバライエティ(多様性、多品種)を重視するという戦略です。

流行に追随というのを太字にしていますが、ZARAが成功した理由の一つは、流行を作ろうとしなかったことにあるとのことです。つまりイノベーターではなく、キャッチアッパーなわけです。もっと端的に言うと松下電器ですね。

もう一つ面白かったのが、競合企業(GAP、H&Mなど)が中国やインドに生産拠点を置いているのに対して、ZARAは商品の大部分をスペイン、ポルトガルで生産していることです。単純比較すると、中国に比べてスペインの人件費は17-20倍ととても価格競争力で太刀打ちできないように見えますが、実はそうではないのです。ZARAが発注する下請屋さんは専業主婦の内職的な業者が多く、彼女達は生活が掛かっていないため給料が安いのだそうです。それでも中国の5倍の人件費ですが、商品開発部門と生産拠点が近いことなどメリットも多いので、5倍程度の人件費格差なら充分に挽回できるらしいです。

どうですか? 面白くないですか?

ちなみにZARAって日本ではそんなに安いイメージはないと思いますが、スペインではユニクロ並みに激安です。

また、どうでも良いですが、ZARAの発音は「サラ」なのですが「サ」は英語でいうところの[th]の発音です。舌を前歯の先に擦り付けて発音しましょう。いや、ほんとにどうでも良いですね。。。
[PR]
by y-46 | 2004-07-13 02:57 | ビジネス