U.S.S. Barcelona Log
bcny46.exblog.jp

Barcelona生活の日記とかMBAを目指す奮闘記、英語学習帳の別館でもあります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Links
カテゴリ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ほっこりとした愛国心
from チロ・デ・チロリンタン
やっぱり「愛国心」は不要..
from 新・非公正ブログ
★★★★「コーチング」落..
from 本のソムリエ提供「一日一冊:..
パリーグ開幕
from 田中幸雄
マリリン・マンソン VS..
from 仙台インターネットマガジン ..
ESADE in RAN..
from ESADE BARCELONA
ローマ〜その6〜
from 目指せ!総合旅行ブログ
タコス
from おうちで世界料理
立浪並んだ449二塁打!..
from Stadio Toshinao
井端うれしいサヨナラ打、..
from Stadio Toshinao
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
堺すすむのなんでかフラメンコ
うちのお父ちゃん向けのネタ。

堺すすむのホームページにて、Real Playerでネタが聞けます。

このページ

いやー、懐かしい。
[PR]
by y-46 | 2004-08-31 02:35 | (´,_ゝ`)
オリンピックから学ぶこと
アテネ・オリンピックが今日閉会しました。ご存知のとおり日本は、金メダル16個、銀9個、銅12個、合計37個のメダルを獲得し、金メダル5個だった前回のシドニーを大きく上回る大躍進でした。

競技や報道を見ていると、大躍進とは言っても、決して番狂わせとか幸運でメダルが取れたわけでなく、取るべくして取っている印象を受けました。当たり前ですが、メダルを取った選手達は、以前の世界選手権で上位入賞をしていたり、持ち記録が世界水準だったりします。つまり彼らは普段の力を存分に発揮したに過ぎません。

また、個々の選手の努力もさることながら、JOCをはじめとする各団体の強化策にも目を見張るものがありました。普及活動、設備の整備、指導者の育成、海外遠征の手配など、一つのメダルの影には多くの要因があると思います。
【参考】JOC:ゴールドプラン

つまり、今回の日本選手団の活躍は、適切な投資が行われ、適切な方法で、適切に努力した結果であると言えます。これは、ビジネスの世界にそのまま当てはめても通用すると思います。

ただし、環境が整っていても、方法が判っていても、努力を継続するというのは非常に難しいことです。そういう意味では、個々の選手が最も賞賛を浴びるべきなのは間違いありません。

翻って、私も努力を継続せねばと切に思った次第です。オリンピックばっかり見てて何にもしなかったのは不味かったかな。。。
[PR]
by y-46 | 2004-08-30 06:38 | スポーツ
禁煙三ヶ月達成
手元の禁煙カウンターによると禁煙してから3ヶ月1日1時間30分が経過し、吸わなかった煙草は93箱と1本に達したらしいです。

浮いた煙草代は27,915円です。2泊3日で旅行にいけるくらいの金額ですな。

意志薄弱な私がここまで頑張れたのは奇跡です。
[PR]
by y-46 | 2004-08-29 05:32 | 健康と禁煙
華氏911 / FAHRENHEIT911


話題のドキュメンタリー映画『華氏911』を見てきました。全編ブッシュ政権を徹底的にこき下ろした内容で、言いたいことが非常にはっきりしていました。

映画としてどうかという論評は差し置き、ムーア氏の主張が偏ったものである可能性も考慮した上で、それでも尚且つ観る価値がある映画だと思います。

ムーア氏の言いたいことをまとめると、、
1. ブッシュは大統領の器ではない
2. アメリカを攻撃した訳でもないのに何故イラクに侵攻するのか?
3. 米軍は貧しい家庭の子息で構成されており、歪んだアメリカ社会の縮図である
大体こんな感じだと思います。

ビン・ラディン一家とブッシュ家の結託疑惑等いろいろな暴露話はありますが、正直私には白黒は判りません。ただこの映画の掲げる反戦というメッセージには、100%同意できました。

そうなんです。そもそもアメリカに攻撃をした訳でもないイラクに侵略したという事実は、どういう理由を以ってしても正当化されるべきではありません。大量破壊兵器?核兵器?それすらも結局なかったわけです。

また、戦争を支持する議員達や富裕層というのは所詮軍需産業の犬で、想像力が著しく欠如した非人道主義者です。彼らは、自分は安全な場所にいて、自分達の最愛の人が戦争で失われるというおぞましい光景を想像できないのです。

銀河英雄伝説で、婚約者を戦争で失ったジェシカ・エドワーズが、愛国演説をぶっているトリューニヒトに問いかけるシーンがあります。「私の婚約者は戦場で死にました。あなたはどこにいるの?」と。この『華氏911』でも後半に同様のシーンがあります。実話だけに切迫した雰囲気がありました。

ブッシュ政権にはヤン・ウェンリーのこの名言を贈ります。

- その1
「人間の行為の中で、何がもっとも卑劣で恥知らずか。それは、権力を持った人間、権力に媚を売る人間が、安全な場所に隠れて戦争を賛美し、他人には愛国心や犠牲精神を強制して戦場へ送り出すことです。宇宙を平和にするためには、帝国と無益な戦いをつづけるより、まずその種の悪質な寄生虫を駆除することから始めるべきではありませんか」

- その2
「自由惑星同盟という国家が消滅しても人間は残る。『国民』ではなく『人間』がだ。国家が消滅して最も困るのは、国家に寄生する権力機構中枢の連中であり、彼らを喜ばせるために、『人間』が犠牲になる必要など、宇宙の涯までその理由を探しても見つかるはずがない」

ちなみに、来る大統領選は接戦が予想されているばかりか、ブッシュ氏が若干有利との報道もあります。つまり多くのアメリカ人はあの戦争を肯定しているわけです。アメリカ人は自分達の考えが如何に世界のスタンダードと懸け離れた異常なものであるか認識すべきです。ヨーロッパでは、スペインやイタリアといった親米国家の人達も最近では嫌米に変わりつつあります。

この映画の上映後、館内は拍手の嵐でした。

華氏911 オフィシャルサイト
[PR]
by y-46 | 2004-08-29 03:47 | 映画・ドラマ
アンチ巨人が染み付いている
- ドラゴンズ勝ったー
- 史上最強打線負けたー

既に史上最強打線の自力優勝は消滅しているので、マジック対象チームになるであろうヤクルトが負けてくれたほうがドラゴンズにとっては有利なわけですが、やっぱりジャイアンツだけは応援できません。

サッカー・アジアカップの決勝戦では、中国より日本を応援した韓国人が多かったらしいですが、私はどんな状況であろうと史上最強打線を応援する気にはなれないです。

だからと言って、ジャイアンツの旗を燃やしたり、読売新聞の販売店を襲撃することはないんですけど、「アンチ巨人が染み付いているな」とつくづく感じた今日でした。

ルパンさんや主任さんには悪いですが。。。
[PR]
by y-46 | 2004-08-27 22:14 | ドラゴンズ2004
野球日本代表敗れる _| ̄|○

日本、オーストラリアに完封負け……決勝進出ならず

世の中には絶対に負けてはいけない勝負というものがあり、今回のオーストラリア戦はまさにそれでした。野球で負けてはいけないんです、日本は。

今回の敗戦については語られるべきことはいろいろあります。監督不在であったとか、1球団2名という枠のためベストな布陣ではなかったとか、国際ルールのストライクゾーンの違いとか、そもそも野球は短期決戦に向かないスポーツであるとか。でも、野球は他のスポーツと違って、「選手はよく頑張った。健闘に拍手。」では済まないです。既にあちこちで責任追及の声が上がっているし、徹底的に糾弾されるべきと思います。

私の通っていた中学校はマンモス校ということもあり、野球部だけで100人以上の部員がいました。全校男子生徒の実に4分の1以上が野球部に入っていました。部員が多すぎてまともな練習ができないほどでした。

校内での野球部の存在はとにかく圧倒的でした。50m走も1500m走も一番早い奴は野球部にいました。背筋力も握力も垂直跳びも野球部の奴が一番でした。不良グループも野球部の主力選手には一目置いており、そのため野球部員であればカツアゲもされないしイジメも受けませんでした。

中学の野球部でレギュラーになれなかった奴が、高校で他の部活に入り大活躍しました。控え投手だった友達はテニスでインターハイに行きました。私も中学の野球部ではレギュラーなんかかすりもしなかったのですが、高校からはじめたラグビーではチームの中心選手になりました。

日本でこれだけの圧倒的な人気を誇るスポーツは空前絶後です。今でこそサッカーも人気がありますが、私の世代の野球というのは特別な聖域なのです。キング・オブ・スポーツでした。

逆説的に言えば、子供たちに野球を禁止すればオリンピックのメダル数は増えると思います。過去にどれだけ多くの才能ある子供たちが野球部内の過当競争によって日の目を見ずに埋もれてきたことか。他のスポーツを伸び伸びできれば、国際的に通用するアスリートになったかもしれません。野球なんて所詮アメリカと日本だけの局地的なスポーツで国際的な注目度は低いのに、優秀な素質ある子供たちを野球に独占され、日本のスポーツ界は不利益を蒙っているわけです。

だから負けてはいけないんです、野球では。
絶対に負けてはいけなかったのに。
あーあ。。。
[PR]
by y-46 | 2004-08-25 08:11 | スポーツ
スペイン最初の金メダル
カナダの国歌を聴いた日

redjさんの記事を拝見して、こっちも対抗してみました。(笑)
スペイン最初の金メダルも体操の種目別でした。
-グーグルの画像検索はこちら

男子体操選手の割には、ぽっちゃりしていて愛嬌のある容姿ですね。

ちなみにスペインで人気のスポーツは当然ダントツでサッカーなのですが、その次はバスケットボールです。意外ですがオリンピックでもあわよくば金メダルを狙えるくらい強いです。

さて、今日の日本はレスリングと体操で金2、銀2、銅2を取ったみたいで、相変わらず勢いが衰えません。会社の同僚にも「日本のメダル数は凄いね」と言われてます。
[PR]
by y-46 | 2004-08-24 06:45 | スポーツ
オリンピック三昧
お休みが終わって明日から仕事です。旅行から帰ってきて数日間は何もしませんでした。オリンピックばっかり見てました。

今日は女子マラソンの野口選手の金メダルは感動モノでした。ただスペイン人のアナウンサーが「ハポネサ(=日本人女性)」とか「ラ ハポネサ(=この日本人)」とか言って全然名前を呼ばないのはむかつきました。優勝候補の選手の名前くらい覚えて欲しいものです。

それにしても今年のオリンピックはすごいですね。史上最高のメダル数になるのでしょうか??
[PR]
by y-46 | 2004-08-23 06:50 | スポーツ
帰ってきました
昨日、無事に帰ってきました。
ホテルのエアコンつきの部屋になれてしまったので、我が家の蒸し暑い寝室は辛いです。

なにはともあれ、大きなトラブルもなく無事に帰ってきたことをご報告します。

既に旅行の写真はUPしました。是非ご覧くださいませ。
[PR]
by y-46 | 2004-08-19 05:02 | 旅行
【写真で見るスペイン旅行記】スペインの交通編
今回は電車とバスを使った陸路の旅をしました。飛行機が苦手な私にとっては気楽で良い旅でした。電車マニア垂涎の写真を撮りましたので、ちょっと掲載しておきます。

a0025974_4501727.jpg
近郊路線の電車です。

続きを見る
[PR]
by y-46 | 2004-08-19 04:55 | 旅行