U.S.S. Barcelona Log
bcny46.exblog.jp

Barcelona生活の日記とかMBAを目指す奮闘記、英語学習帳の別館でもあります
Links
カテゴリ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
ほっこりとした愛国心
from チロ・デ・チロリンタン
やっぱり「愛国心」は不要..
from 新・非公正ブログ
★★★★「コーチング」落..
from 本のソムリエ提供「一日一冊:..
パリーグ開幕
from 田中幸雄
マリリン・マンソン VS..
from 仙台インターネットマガジン ..
ESADE in RAN..
from ESADE BARCELONA
ローマ〜その6〜
from 目指せ!総合旅行ブログ
タコス
from おうちで世界料理
立浪並んだ449二塁打!..
from Stadio Toshinao
井端うれしいサヨナラ打、..
from Stadio Toshinao
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧
愚痴
えーと、最近このBlogは某テストの話題ばっかりになってしまってますが、今日も懲りずにその話題です。

まず、戴いた数学の難問集をやってみました。

感想:いじわるぅ~

数学の問題って、なんでこう捻くれてるというか、いじわるなんでしょう。解説を見れば「ああ、そうか」なんて思うんですが、実際効率の良い式の展開とかそうそう思いつかないです。

なんだかなあ。

間違えた問題はたくさんありましたが、一つ一つマスターしていきます。

一方、VerbalはReadingをコツコツ解いてるんですが、これは大いに文句を言いたいです。理科系の文章は出題しないで欲しい。今日やった問題で"anteater's snout"というのが出てきて、最後まで何のことかサッパリ判りませんでした。文章を読んでいくと最後のほうで、どうやら"anteater"は生物らしいと判るのですが、なんかすっきりしないです。ちなみに"anteater's snout"は「アリクイの鼻」です。そんなん知るか、ヴォケ!

理科系の文章は総じて単語がやたら難しいです。日本語なら何とか判る単語でも英語で出されるともうお手上げです。文章を読んでも最後まで何についての文章か判らないことが多いです。GMATってMBAを目指す人の試験でしょ?だったらビジネスとか人文系の文章に出題を絞るべきではないでしょうか?MBAではビジネスに関連する文書を読むわけでしょ?

理科系の学問が大事なのは判るんですが、日本人は理科系の学問は日本語で勉強するんです。科学や生物の専門的な話まで英語で学ぶつもりはないし、そんなのに対策時間を割きたくないです。

なんだかなあ。
[PR]
by y-46 | 2005-01-31 07:56 | Road to MBA (出願前)
打倒GMAT
GMATのせいでジムに行けない。
GMATのせいで酒が飲めない。
GMATのせいで外食にいけない。
GMATのせいで仕事に集中できない。
GMATのせいでエッセイがはかどらない。
GMATのせいでなんか落ち着かない。
GMATのせいでイライラする。
GMATのせいで妻に迷惑をかける。
(私が一日中部屋に篭ってウンウンうなりながら「電話帳」と格闘しているから)

これでGMATのせいで希望の学校に入れなくなったら、どうしよう。

GMATめ、絶対許さん。叩きのめしてやる。

今日はPowerprepのTest 2をやってみました。今回は長文を飛ばさずに真剣にやりました。
Q 49
V 38
Total 710
ヨッシャ、イイ感じ。Test 1は620だったので確実な進歩です。努力の成果が出るというのは嬉しいものです。

本番ではこれの100点下でいいから、たのんます。
[PR]
by y-46 | 2005-01-30 03:05 | Road to MBA (出願前)
かんぺーさん
a0025974_494010.jpg
スペインと言えばやっぱCAMPERでしょう。セールなので新しいやつを買いました。かんぺーさんはこれで3足目です。

これ89ユーロ(税込)なんですが、日本では2万円くらいするんでしょうか?スペインで買って、ヤフオクで捌いて儲けている人がいると聞いたことがあります。
[PR]
by y-46 | 2005-01-28 04:14 | 物欲
寒すぎ
a0025974_452412.jpg
バルセロナのくせに氷なんか張りやがって。。

この寒波は明日まで続くそうです。風邪に注意しなきゃ。
[PR]
by y-46 | 2005-01-28 04:06 | バルセロナの日常
うむむむむ
このBlogを見てくださった方に、じーまっと数学の難問集をいただきました。もうなんと感謝してよいのやら。いやー、本当にありがたいです。

前回のテストで撃沈して以来、かなり精神的に追い詰められた感じになりました。頭からじーまっとのことが片時も離れません。。四六時中問題を解いてないと落ち着かなくて、StarTrekも見る気が起きないし、ジムにも行く気がしません。

今日は、OGで解説を見ても良く理解できなかった問題について、会社のスペイン人(大学で物理専攻)に質問してみました。さすが物理専攻、数学の定理を知り尽くしています。お陰で判らなかった部分がかなりクリアになりました。口も臭くないし、良い教師を確保しました。

また、Wlimitsというサイトを見つけたので、無料の攻略情報を読んでみました。うーん、参考になったかもしれません。ちょっと誤字があるのが気になりましたが、結構良いこと書いてあるかも。

Wlimitsで「RCは簡単だ」という主張がされていましたが、うん、よく考えるとそうなのかもしれません。1パッセージ20分くらいかけられれば、たぶんあんまり間違えないような気がします。TOEFLみたいな引っ掛けもないし。ただ、時間がね。。実際は10分以内に解く必要があるので、それだとかなり厳しいんです。何が言いたいかというと次のテストまでの限られた時間でどれくらいRCをやるかなんですね。いや、私のスコアから言えばRCなんて不確実なものは切って、SCとCRに専念するのがセオリーなんでしょうが、それはMathで高得点が取れるという前提があってこそのセオリーだと思います。となるとですよ、今80%の正解率があるSCやCRを90%に上げるより、RCの正解率を上げたほうが近道かも知れません。

うむむむむ。RCも気合入れてやるか。
[PR]
by y-46 | 2005-01-28 03:29 | Road to MBA (出願前)
友達が独立するって
以前勤めていた会社の友達が独立するということで、早速日比谷花壇で花を注文しておきました。以前から自分でビジネスをやりたいと言っていた奴なので、独立が決まって本当に良かったと思います。

前にも言いましたが、私の友達は本当に皆優秀で、それが私の唯一の自慢だったりするんですが、今回独立する彼もすごい奴なんです。

次々と素晴らしい企画を思いたり、営業的なセンスがあったりと、仕事上の能力の高さは言うまでもないんですが、それ以上に、

誠実な人柄
物事を謙虚に受け止められる素直さ
どんな時でも頑張りぬく根性

言葉にすると凡庸に聞こえるかもしれませんが、これらは本当に尊敬に値します。学ぶことが多いです。たぶん本人はこのBlogを見てないと思うので、ぶっちゃけて書きますが、今まで彼以上に人間ができてる人にあったことがありません。こういう人はどんな世界でも周りから信頼されて良い仕事ができると思います。

がんがって欲しいものです。
[PR]
by y-46 | 2005-01-27 02:42 | 思うこと
今日は風が強かった
いやー、今日は風の強い日で大変でした。

え、テストですか?じーまっとですか?

うーん、そんなものも受けたかもしれませんね。

え?結果?

ああ・・・。

More
[PR]
by y-46 | 2005-01-26 03:06 | Road to MBA (出願前)
私が数学が苦手なのは、高校の時の数学教師の口が臭かったせいである
先生の口が臭かったので、判らない問題があっても質問できませんでした。

という話はどうでも良いんですが、いよいよ運を天に任せる時がきました。

OGの正答率を見るとVerbalとMathの正答率が同じくらいという奇異(悲惨?)な結果になりました。数学はどう考えても51とか50には届きません。だって、どうしても解き方が判らない問題があるから。こうなったらVerbalでガンガルしかないです。

まあ、700点を目指しているわけじゃないんで、数学駄目でもどうかになるでしょ。

必達600点、あわよくば650点。えいほー、えいほー。

運を天に任せると言いつつ、これからOGの間違えた問題を復習してみます。しかも明日朝も最後の見直しをしたりして。受験生みたい。。
[PR]
by y-46 | 2005-01-25 05:29 | Road to MBA (出願前)
髪切ってきました
いつも行っているヘアサロンは土日が休みなので、髪を切る時間を見つけるが大変です。今日はGMAT休暇に便乗して久し振りに髪の毛を切りました。この3日間引き篭もりだったのですが、久し振りに外出して、気分転換になりました。

English Hair Salon
C/ Ros de Olano 19
93 415 42 10

MetroでいうとFontanaから徒歩5分くらいです。名前のとおりイギリス人がやっているHair Salonで美容師は殆どがイギリス人です。以前知り合いの行きつけだというスペイン人のおばちゃんがやっているこじんまりしたサロンに行ったことがあるのですが、すきバサミが錆びてたのかどうか、やたら痛かったです。それ以来スペインのサロンには二度と行くもんかと決めてます。(本当はスペインの床屋だってピンきりだと思うんですが、トラウマというやつですね。)

ところで、このサロンの広告に、
Don't let your spanish come between you and your hair!
という文句があるんですが、なんかちょっとスペイン人に対してOffensiveじゃないかなぁと心配になります。つまり「スペイン風のヘアスタイルはダサいでしょう」と暗示しているような気がするのです。

もし私が日本の美容師で、
Don't let your japanese come between you and your hair!
なんて書いてある外人向け美容院の広告を見たら、「何だと、このやろう~」と憤ると思います。

まあ、いいや。

明日はいよいよGMAT。やるべきことはやった(と思う)ので、後は体調整えて万全で挑むだけです。
[PR]
by y-46 | 2005-01-25 02:53 | バルセロナの日常
計算会
小学校のころ、計算会と書取会というのがありました。変な名前がついてますが、要するに算数と漢字のテストです。読み書き算盤は教育の基本なので、特に重視されていたわけです。

ぶっちゃけ、計算会は大嫌いでした。長時間数字と格闘していると頭がボーっとしてきます。テスト中も15分くらいしか集中力が持続できませんでした。

そんな児童が大きくなって、GMAT Mathをやったって良い点取れるわけがないんですね。冷静に考えて。

GMAT数学については、『MBA留学 GMAT完全攻略』についていた問題が簡単だったので、正直言って最初はなめてました。「こんな中学レベルの問題余裕じゃん」って。

でもちょっと待てよ。よく考えたら、私は中学高校の数学で良い点取ったことなんてなかったような気がします。そんなんで余裕なわけがないんです。

気付くのがおせーよ。。(ノД`)ウワーン
[PR]
by y-46 | 2005-01-24 02:17 | Road to MBA (出願前)